2011年8月24日水曜日

放射能から身を守る「伝統的食品」・vol2

 昨日、ご注文があり「下野・会津・津軽 手仕事専科」の「手づくり味噌・漬物・佃煮のとべや」に伺いました。閉店間際でしたが、戸辺社長がおいでで、いろいろのお話をしてまいりました。
 今話題になっている放射能に発芽米・味噌・梅干が良いことに及びました。先日、ブログに載せたお話をしましたが、とべやさんでは、以前から発芽米を扱っていましたが、それにスポットをあわせているとのことでした。

 現在は、食生活の環境は非情に便利になっています。スーパーでもコンビニエンスストアでも、消費者のニーズやウォンツに積極的に応えて、何でもそろう時代です。私の視点では、栄養学的な点から、「健康と食」をテーマにしては、どうかと考えています。人間の健康は、「食」が基本であること、その「食」を提供する者は、それらの点をポイントとして行くことが、お客様の支持を得られるのではないでしょうか。

 簡単に、手づくり味噌とべや商品をご紹介いたします。私の一押しは、栃木県産名物・大田原特産の「葉唐辛子」の佃煮です。
 
●浅炊き佃煮   葉唐辛子
 150g袋入り  ¥315
 ■商品コード FS-03025■

●手造り天然醸造 米糀みそ
 1kg袋入り   ¥880
 ■商品コード FS-03201■
「伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。

2011年8月20日土曜日

放射能から身を守る「伝統的食品」・vol2

 私の関わっている「タヒチアンノ二ジュース」や「伝統食品と健康」の情報などから、放射能から身を守る力・方法を知ることになりました。
 健康な細胞を維持するためには、60兆個という細胞が、本来必要な栄養素を摂取することが、必要です。それらの栄養素を摂ることで、人間が本来持つ免疫力が、発揮されることになります。放射能により傷ついた細胞が、それらの免疫力、抑制力により守られることになります。
 伝統的食品のもつ、発酵された食品は、それらの栄養素を持つ食品と言えます。日本の伝統的な発酵食品こそが、それらの豊かな栄養素を持っています。

 次の情報は、「起業家育成コンサルタント 田渕裕哉」さんの2011.07.10「福島第一原発の危険性7」の一節ですが、ご紹介いたします。
 「死の同心円」という本を残された秋月辰一郎医師は、長崎の原爆から1.4キロのところにいて被爆されました。周りの人々が被爆で亡くなっていく中、彼の指導で、患者・スタッフ約90名全員が被爆したにもかかわらず、生還しました。秋月医師も89歳まで生きています。
彼は何を指導したのでしょうか?
非常にシンプルでした。
玄米と味噌汁と梅干、そして甘いものは摂らないこと、それだけだそうです。
これが究極の放射能被爆から守る方法です。
玄米も無農薬を選んでください。そして玄米は必ず、発芽モードにしてから炊いてください。
12時間以上、水に浸けると発芽モードになります。
それをしないとアブシジンという毒素も食べることになります。
それから味噌汁ですが、市販の味噌ではなく、1年以上の醸造で活性が強く長期熟成しているもの、防沸剤、加熱処理、輸入大豆はダメです。
そして無農薬・無添加の梅干を摂ってください。
これは天然の良い塩を摂ることに繋がります。
要するに、昔の人が食べていた玄米菜食こそが、最大の秘訣だったのです。」

 如何でしょうか、玄米は、本当にすぐれた食品です。さらに、味噌、醤油、梅干もすぐれた伝統的な食品と言えます。
 福島第一原発事故によりここ、関東圏から東北地方にも放射能汚染が、私たちの生活を大きく変えようとしております。
 
 「下野・会津・津軽 手仕事専科」では、これらの伝統的食品を取扱うようになりましたが、この時代には、必要・必然といえるものだったのでしょう。
 ご紹介いたします。



「伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。

2011年8月16日火曜日

天然ストレート果汁100%りんごジュース

 天然ストレート果汁100%りんごジュースは、「飛馬りんご」のりんごジュースです。
相馬村では、濃縮還元ジュースはあり得ません。長年、相馬村に住みりんごの剪定と花すぐり、そして実すぐりと摘果を身近にみて7年を過ごしました。相馬のりんご農家の方々の顔を見ていて、こんな旨いりんごは、他ではあり得ないと確信してきました。そのようなことから「下野・会津・津軽 手仕事専科」のJA相馬の伝統的食品として、ご紹介しています。
 
 相馬村の入り口にあるりんごの森では、いつも蔓割れのりんごを求めて、見た目ではなく味一番のりんごを食していました。そんなりんごから作られた「天然ストレート果汁100%りんごジュース」をご紹介いたします。
 一度味わったら、病みつきになること請け合いです。
無添加りんごジュース
 1L6本
  ¥2,400
(ふじ・王林・ジョナ・シナノゴールド・ブレンド)
5種類からお好きなものをお選びください。

無添加りんごジュース1L4本化粧箱入¥2,200
「ふじ」「王林」「ジョナ」
「ブレンド」の詰合せ

■商品コードFT-01007■

無添加りんごジュース
 1L3本
化粧箱入¥1,800
「ふじ」「王林」「ジョナ」の詰合せ
■商品コードFT-01008■
「伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。

2011年8月15日月曜日

津軽「岩木屋」のわさびドレッシング

 先日は、「下野・会津・津軽 手仕事専科」の「岩木屋」のりんごカレーをご紹介いたしましたが、今日は、さらに「わさびドレッシング」をご紹介いたします。

 御岩木山の麓「岩木山神社」の直ぐ近く(嶽)には、昔から岩木山からのこんこんと湧き出る清水があり、わさび栽培が盛んでした。岩木屋のおかみ館山あい子さんは、そのわさびを食品に使いたいと思い創り上げたのがわさびドレッシング、わさびソース、わさび漬けでした。
 ご紹介いたします。

・嶽わさび漬      ¥500
  200g
 ■商品コード FT-04011■
・嶽わさび炎の南蛮漬¥500
  200g
 ■商品コード FT-04012■
・嶽わさびソース      ¥350
  200g ■商品コード FT-04013■

・嶽わさびドレッシング ¥350
  220g ■商品コード FT-04014■
「伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。