2011年12月14日水曜日

東京ヒルトンを久しぶりに訪ねました。

少し前になるのですが、タヒチアンノ二ジュースのエリアカンファレンスがあって、東京ヒルトンへ訪ねました。先に伺った時は、東京ヒルトンが山王から、新宿に移転したばかりの時で、視察を兼ねて宿泊し、今日訪ねたレストランで、食事をしたことを覚えています。当時は、すごい賑わいで夕食のビュッフェが、すごく人気だったのですが、今日訪ねたのはランチです。それでもすばらしいお料理で、「食育」という観点から見て、美味しさと栄養価と相乗効果があるものとみてまいりました。それぞれにカロリーが計算されて表示されており、食材も選りすぐられていて、見た目も栄養価も計算されているものと感じました。

東京ヒルトンでは、「下野・会津・津軽 手仕事専科」の会津木綿のお客様と会うこともあって、楽しく過ごせました。会津木綿のサマージャケットをオーダーいただいており、布の確認でしたが、和物の生地から洋物をつくるのは、難しいのを感じています。色合い、風合い、肌触りでしょうか。また、色柄は、人それぞれの相性があって、どれでも良い訳ではありません。今日持参した、見本の布は、結局好みに合わず、持ち越しとなりました。
お料理写真なども、撮ってまいりましたので、ご覧ください。

「伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp