2014年10月24日金曜日

人気の那須みそ

手仕事専科で取り扱っているのは、須藤醸造店のきちんと発酵・熟成させた天然醸造の味噌、こだわりの天然醸造味噌です。
那須高原では、いくつかのホテルと道の駅で取扱っておりますが、それ以外では、「手仕事専科」の須藤醸造店になります。
人気の秘密は、天然醸造の待つ味噌の味と香、それらの風味といえるでしょうか。
発酵食品の代表としての味噌は、天然に勝るものはありません。
これだけ医療の発達した現代にあって、生活習慣病が、蔓延しています。
その理由の一つは、食生活の貧困です。
体に良い食品”自然””昔から伝わる伝統食品”を選ぶことが、大切だと確信しています。

 
「天然醸造みそ」
体に有益な酵素を含む発酵食品の代表、味噌。
天然醸造(てんねんじょうぞう)という造り方はお味噌を加温しないでお味噌を熟成させる方法です。お味噌が千何百年以上もはるか昔からずっと守られ仕込まれている製法です。
ご家庭での手造り味噌も99.9%の方がこの製法でお味噌を仕込んでおります。日本の移りゆく四季をお味噌が感じながら、ゆっくりと熟成していきます。化学調味料、着色料、保存料を使用せず、 素材を生かしたおいしさです。市販の味噌の多くは速醸(そくじょう)という製法で作られています。具体的には仕込んだ味噌に熱を加えて、早い段階で発酵させて味噌にする方法です。このやり方だったら大量に生産する事は可能です。しかし、味や香りは決して納得できる味にはなりません。
天然醸造とは自然の気温にまかせてじっくりと熟成させる製法の事ですが、その点天然醸造は、時間とともに味噌の味や香りに深みが増し、一度食べていただいたお客様から長い間御支持いただいております。
日本の伝統的な体に良い食材の味を守る為にも今後も天然醸造にこだわった、那須みそをご紹介していきます。

「三五八漬」
三五八漬け(さごはちづけ)とは福島県、山形県、秋田県の郷土料理で、麹で漬けた漬物のことです。名前の由来は漬床に塩、麹、米をそれぞれ容量で3:5:8の割合いで使うことからです。
これらをよく混ぜ、1週間ほど蓋をして熟成させたものに、野菜、するめ、数の子などを漬ける。ただし、もち米は飯の硬さに炊き、野菜はあらかじめ材料の4%くらいの薄塩で2日間漬けたものを本漬けにする。福島県会津若松の特産品でしたけれども、今では多くの麹店で、作られています。
秋田の郷土料理としても親しまれています。野菜漬けに使ったり、煮物、鍋物にも使う。肉・魚を漬け込む調理法も多いが、代表的なものにハタハタの三五八漬けがあります。

那須みそ(小)1kg5袋箱入
      
     ¥3,500
 ■商品コード FS-02002■
三五八漬け 1kg袋詰め (麹・鷹の爪)
      
     ¥500
 ■商品コード FS-02008■
三五八漬の人参、きゅうりです。
甘味があって、美味しい漬物です。
”身体によい”を実感できるでしょう。
伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp

 

2014年10月20日月曜日

お薦めの宇都宮餃子(食品)

手仕事専科には、たくさんの伝統的食品があります。
味噌醤油鰹節本醸造酢山菜漬け物ラーメン餃子津軽りんご・・・・です。
その中でも注目されるのが、「宇都宮餃子」です。
会津の醤油と味噌が、一番人気なら、宇都宮餃子は、下野の一番人気と言えるでしょうか。
特徴は、二つです。
その1.その味にあります。
餃子の美味しさは、「甘味と肉汁と皮のパリパリ感」ですが、ハシモト物産では、キャベツと玉ねぎ、にら等の野菜を豊富に使っています。
その味は、一度味わうと忘れられません。
”企業秘密”は、その新鮮な野菜の量です。
そして、ご自宅でも簡単に焼けて、それがまた美味しく召し上がれます。
また、ご家族に人気なのは、お子様向けに喜ばれる「一口餃子」です。

その2.幻の皇室御用達。
ハシモト物産の餃子は、一般店頭には置いてありません。
通販で販売をしております。宇都宮の餃子が、まちおこしで取上げられる以前から、取組まれています。それがために、宇都宮では知らない人のない”こだわり”の”ジャンボ餃子”、”宇都宮餃子”として認められています。
それが、”まぼろしの宇都宮餃子”といわれる所以です。
餃子の美味しさは、「甘味と肉汁と皮のパリパリ感」です。
ハシモト物産では、キャベツと玉ねぎ、にら等の野菜を
豊富に使っています。
宇都宮餃子のシンボル
「餃子像」です。
・ジャンボ餃子(12個入)     ¥1,000
 ■商品コードFS-04001■
・ジャンボ餃子(20個入)     ¥1,500
 ■商品コードFS-04201■
・ジャンボ餃子(30個入)     ¥1,800
 ■商品コードFS-04301■            
 ※¥3,000以上の組合せから承ります。
 ※価格は、「本体価格」です。
別途消費税が加算されます。
・ジャンボ餃子辛口(12個入)   ¥1,000
 ■商品コードFS-04002■
・ジャンボ餃子辛口(20個入)   ¥1,500
 ■商品コードFS-04202■
・ジャンボ餃子辛口(30個入)   ¥1,800
 ■商品コードFS-04302■        

 ※¥3,000以上の組合せから承ります。
 ※価格は、「本体価格」です。
別途消費税が加算されます。
一口餃子(40入)     ¥1,000
  ■商品コードFS-04401■
       
 一口餃子は、小さなお子様でも汚さずに
お召し上がりになれます。

 ※¥3,000以上の組合せから承ります。
 ※価格は、「本体価格」です。
別途消費税が加算されます。 
※宇都宮餃子の歴史
栃木県宇都宮市の餃子の始まりは補充担任を宇都宮師管区とする陸軍第14師団が、・・・・・。
続きは、
こちら
 伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp

2014年10月19日日曜日

煮ものの季節

手仕事専科には、会津の銘品”イゲタ醤油”そして、”会津味噌”が、あります。
わたしのサイトでは、人気の醤油です。
日に日に寒くなるこの時期になりますと沢山の醤油のご注文となります。
寒さが、煮もの料理を恋しくするのでしょうか、びっくりするほどにです。
■□■□■
イゲタ特級醤油は、会津の長い歴史と共に歩んできた、林合名会社の昔ながらの定番商品です。アミノ酸液を使用しない本醸造で、特級の格付を受けています。
生揚げしょうゆのかどを取って風味豊かに仕上げられていて、キレのあるすっきりとした後味は有名料理研究家有元葉子先生や山本真理先生にも高い評価を頂いていいますが、徹底した温度加減による天然醸造の特級醤油、ぜひ今までのお醤油と比べてみて下さい。
会津味噌は、赤色辛口系の米味噌です。大豆と米の配分が10:10の腹合わせといわれる、大豆のこくと、米糀の甘みのバランスの良い糀味噌です。
(人気の秘密)
1.風味豊かな特級醤油(料理評論家有元葉子先生や山本真理先生が、絶賛)
  福島県の家庭の味の代表格といえるでしょうか。
  かつお風味の効いたつゆで、どんな料理にも合う万能醤油加工品です。
  今では多くの料理家が愛用しており、その名は全国に知られるまでになりました。
   「一度使ったらやめられない」との声も。イゲタ醤油の一番人気商品です。

・イゲタ 彩 1L 出汁しょうゆ       ¥838  
■商品コード FA-03004■ 
・イゲタ特級醤油 1L(本醸造醤油)   ¥476
■商品コード FA-03001■
・イゲタ生の香醤油 1L(丸大豆使用)  ¥500
■商品コード FA-03002■
・イゲタ高級めんつゆ 1L         ¥880
■商品コード FA-03003■
 
伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp

2014年10月11日土曜日

人気の飛馬ふじ

手仕事専科には、JA相馬村のあつかう”飛馬りんご”があります。
どうして、飛馬かと思いますが、すでにブランドとして定着しています。わたしが、相馬村の第3セクターの「星と森のロマントピアそうま」に赴任したのが、平成7年でしたので、すでに20年近く昔になります。
林檎畑とお岩木山(津軽富士)が、今も昔も変わらずに目前にあります。
さて、人気の飛馬ふじですが、今年新しいブランドとして、取り上げられています。
NHKの特集番組で御紹介されました。
いままでの飛馬りんご、100%ストレート天然果汁のりんごジュースも定評ですが、それに糖度14度以上のりんごとジュースが、加わりました。
ご紹介いたします。

新しいブランド”飛馬ふじ”
相馬村の新しい顔です。
飛馬ふじ(糖度14度以上)
(16玉)
   ¥4,800
 16個詰 約5kg
■品コードFT-01119■

星と森のロマントピアそうま
ちょうど、雪の積もった春先の風景です。
こちらの施設に7年間おせわになりました。
プールあり、テニスコートあり、スキー場ゲレンデあり、
天文台ありのリゾート施設でした。
岩木富士を背景に林檎畑の風景です。
お岩木山が、傘をかぶっていますね。
たわわに実ったりんご
フジでしょうか。
よくしったりんご農家の収穫です。
大きなたぶん10玉サイズでしょうか。
相馬村の林檎が、なぜ”ブランド”になるのか!
それは、24種類にも厳選される
選果システムです。
りんご箱の中に1個でも規格外のものが
含まれると評価は、その1個の評価になります。
”厳選”が、鍵です。
そして、りんごに掛ける情熱です。
新しいブランド”飛馬ふじ”
相馬村の新しい顔です。
飛馬ふじ(糖度14度以上)
(16玉)
   

¥4,800 
16個詰 約5kg
■品コードFT-01119■
無添加飛馬ふじジュース 1L・6本通常箱入
        ¥5,150
■商品コードFT-01018■
・サンふじ・王林詰め合せ 「32玉」
 ¥5,280 
32個詰 約5kg
■商品コードFT-01108■
無添加りんごジュース 
1L・6本             
¥2,300
「詰合せ6本」
■商品コードFT-01003■
伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp