2016年12月19日月曜日

15年、農泊「花菜(はな)」を会津(塩川)に見る!

昨日は、会津塩川に農泊花菜(はな)を尋ねました。
五十嵐美知代さんは、地元では、有名な方です。
開口一番に「先生、15年ぶりですね!」
かつて、ホテル勤務で青森にいた時に「グリーンツーリズム」に関わっていました。
その時に農水省の外郭団体から、「グリーンツーリズム」の講師を幾度か行っていたのですが、彼女は、その時の受講生でした。
私が、50歳で彼女も60歳そこそこでした。
今でも、その時のままの元気な姿に嬉しく思いました。
築130年の母屋を宿泊に使い、「全国ランキングで片手に入るんですよ!」と仰っていましたが、
そうだろうな、と思います。
彼女の温かい実直な人柄は、生き活きの素晴らしい女性に映ります。
今は、郷土料理に工夫を凝らした玄米凍み餅を製造販売しています。
JRの売店でも、売ることになったといいます。
餅ころもです。
私は、労力を買うんですと言います。
というのは、3人ものパートさんを使っているのです。
力仕事では、無理のできない年齢です。
彼女は、味付けだけは、自分の仕事と割り切っています。
優れた経営者です。
転ばない方です。
お話をしていて、いろいろな可能性に思い至りました。
グリーンツーリズムの地産地消は、手仕事専科の一つのカギでもあります。
スローライフやローカリズムです。
彼女の農泊「花菜(はな)」の紹介もできそうです。
15年前の縁が、こうやってつながることに嬉しく思い、囲炉裏の話に花が咲きました。
彼女は、実践者です。
近々、手仕事専科で、農泊「花菜(はな)」の凍み餅として、ご紹介します。
お楽しみに!
囲炉裏の火が、御馳走です。
凛とした実直でひとの気を逸らさない
女性です。
御主人とお二人で、御主人は、サポートに
徹しておいでのようです。
船頭は、二人は要りません。
工場も確りと作られています。
雪の中、工場を見せてくれました。
漬物・玄米凍み餅・野菜まんじゅうの
農泊「花菜(はな)」です。
伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間

0 件のコメント:

コメントを投稿