2017年5月7日日曜日

食と健康(近況)----vol.1

食と健康のブログfacebookに「食と健康」のページを作っています。
”とぴい”の名称で投稿していますが、その中で笹大輔氏の体験談を載せました。
津軽に勤務していたころからの良き友になりました。
今では、20年も前のことです。
その彼の手記から、彼がスキルス性胃癌にかかり、外科的摘出手術でない方法で治癒を目指したけれども、最終的に摘出手術で治癒したこと。
胃の全摘出によって、食べるものすべてが、胃のない消化器官での生活になったことです。
彼の手記では、「戴いた余命」に感謝して、生きてゆきますとありました。
それで終わっていますが、現在は、どうなのでしょうか。

彼は、他の胃の全摘出の人々と同様に食べることに苦労していると言っています。もう、すでに半年が経過しています。当初数か月は、体重もほとんど落ちることなく60kgを推移していました。当初聞かされていたダンピング症候群は、ありましたが、戻すこともなく食べることが出来たといいます。「聞かされていたよりも快適な生活に戻れるか。」と思っていたといいます。
しかし、現在は、普段の生活に慣れたせいか、忙しく食べて「戻すこと」が多くなったといいます。戻すと当然に体重が減ります。
今では、56kg程になってしまったといいます。他の人々からよく聞く10kg減です。
彼の友人たちもほとんどがどうようの体重です。
55kg前後です。

私は、当初彼の話を聞く以前は、食の問題「食と健康」をテーマに講演(レクチャー)をしていました。食育指導士の資格も取り、食の大切さを伝えようと思っていたからです。
今でも、「本来の食」・それが大切であると思っていますが、かつてほど、「食=健康」が万能とは、思わなくなりました。
人の体は、人の健康は、いろいろな要素が関わっていることを知ったからです。
「食と健康」は、大切なテーマです。
これからも「食と健康」をテーマにして、食の大切さを伝えてゆきたいと思います。
**********************************************************************
手仕事専科は、手仕事の継承とともに「和美との生活」を提唱しております。
職人(匠)のつくる伝統的な手仕事の“用の美”と“もったいない”の気持ちから物を大切にし、古くからのコミュニティの“生活の知恵”を習いたいと考えています。
私たちは、そのような価値観を飽食・平和の時代を経て、どこかに忘れてきたように感じます。
また、低農薬、有機肥料等のお米(玄米)、天然醸造の味噌、醤油、鰹節、食酢、飯ずし等は、日本古来の食(発酵食品)です。
人間の必要とする必須の栄養素をもつ食品です。
手仕事専科では、自分の健康、家族の健康は、自分で守ることを提案しています。
添加物のない”自分食”です。
そのような想いから、手仕事専科を運営しております。
**********************************************************************
伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿