2012年7月2日月曜日

ガレージセール・大日向マルシェを訪ねました。

マルシェ(フランス語で市場の意)は、すごく響きの良い言葉です。大日向マルシェは、以前から耳にしていました。特にfb仲間の金子洋次さんから、大日向マルシェの言葉を聞いていましたので、今回のガレージセールでは、訪ねたいところでした。
那須ビューホテルの営業で地元を歩いていた頃は、山梨、大同、大日向などは、りんどう湖ファミリー牧場近辺の開拓の地区でした。開拓地区の農業は、酪農でした。地下水利用が容易でなかった当時は、那須高原の荒れ地には、酪農が一番でした。今朝ほど訪ねた、今牧場さんは、成功されている大規模酪農家です。

この度の、大日向マルシェは、こだわりの野菜やコーヒー、酵母パンなどを作られている30代~40代方々でしたが、驚きでした。どのような方々が、来られているのか気にしておりましたが、新しい発見です。一人ひとりに想いがあり、少量小規模の生産になりますが、価値ある商品でした。それぞれに試食をしたり、購入したりで楽しい時間を過ごしてまいりました。
また、その中の出店者のお一人は、先に栃木麻サミットに来られていた方でした。那須塩原市にお住まいの方で、楽しいお話が出来ました。

今後の課題は、出店者の趣味的な意味合いもあるのでしょうが、”売る”という行為は、消費者に対して責任を持つ必要があります。マルシェという言葉には、企業的な響き・意味合いもあると思います。原始的な市が、それぞれ生産者の販売のスタートであっても、発展的には、市場組合が出来、それぞれの厳格なルールに基づいて、発展してきた歴史があります。私は、那須高原の活性化やかつての観光客がにぎわったようにこれからは、別の価値を提供することで、再度那須高原に足を向けて欲しいと感じています。那須高原の食とクラフトに関わることは、下野・会津・津軽 手仕事専科のあたらしいテーマです。
写真で大日向マルシェをご紹介いたします。

大日向マルシェ
那須町高久甲上ノ原5834-6
ガーデンハウスSARAさんの向かいの林
(地図を見る)
雑木林に大日向マルシェがありました。
月に2回・第2・4の土曜日に開催とききました。
今日は、薄曇りのすがすがしい高原の一日に
なりました。
中央には、テーブルと木株が椅子代わりに
おかれていて、良かったです。
fb仲間の小山博子さんです。とても素敵な方でした。
大日向マルシェを主宰されています。
(主旨)
無農薬・無化学肥料の農産物を中心にした
ヨーロッパのような朝市を
ゆるゆるにみんなで愉しみます。
ローカルの小さな経済の循環、ビオ(有機)農産物や
人のつながりがテーマです。

たのしく行き交い、
気が付いたら、
食べ物のことやエネルギーのこと、
地域で循環する暮らし方を
みんなでいっしょに考えている、
そんな場所になればいいなと思います。
ちょっと下を向いて玄米コーヒーを入れてくれていますが、
OUR’S DINNING の濱口淳子さんです。
こちらは、米カフェが、
お薦めでした。玄米の香りが美味しかったです。
米カフェ 一杯 ¥300
自然派レストラン アワーズ・ダイニングを行っています。
自然創作料理・玄米コーヒー焙煎・販売
〒325-0304 栃木県那須郡那須町高久甲5706-41
TEL/FAX 0287-64-5573
オーナーシェフ
野菜ソムリエ
濱口 正遠・淳子
こだわりの野菜を出店されている
奥津 直子さんです。
今回、私を大日向マルシェに誘ってくれた
fb仲間の金子洋次さんでした。
’金子君ちの野菜畑’です。
お話をしていると私の田舎にお住まいでした。
伊王野という土地で、友人知人の真っただ中に
Iターンでこだわりの野菜を作られていました。
今朝ほど、早速おいしいニンジンを生で
頂戴しました。
RAKUDA さんです。
自家製酵母と国産小麦を中心にできるだけ
オーガニックな素材でじっくりとバンを作っています。
お求めは、
毎週 月曜日 SHOZO(黒磯)
水曜日 遊行庵(芦野)  
  木曜日 こと葉  
に出店されています。
パンのご注文・お問合わせ
rakuda.b@gmail.com
YUKINOSITA SABO の木村とき子さんです。
オーガニック・フェアトレード・国産品を中心とした
商品の販売を行っています。
木村さんとは、
第1回日本麻フェスティバル&フォーラムin栃木
に6/23に参加していたことが分かりました。
「伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿