2012年7月1日日曜日

那須高原今牧場チーズ工房を訪ねました。

今日は、かねてよりfb友達の高橋雄幸さんを那須高原今牧場チーズ工房に訪ねました。下野・会津・津軽 手仕事専科では、伝統的食品や地産地消の食品を扱っております。私のいる那須高原には、沢山のこだわりの食品があります。そのひとつがこちらの高橋雄幸さんご夫妻のつくられるチーズです。そのようなことで、工房の取材で訪問いたしました。
今牧場さんは、いぜんから存じ上げている牧場です。直接のお付き合いはなかったのですが、自分が那須ビューホテルの営業で地元の方々を訪ねていたことや自分の兄が、20代の折に地域の4H活動に参加していたこともあり、昨年一度ご訪問した時には、直ぐに認識を頂きました。高橋雄幸さんとは、fb仲間のご承認を頂いており、今日は楽しみのご訪問をいたしました。

高橋さんとのお話では、幾つかの接点がありました。新潟県の村上市のご出身であることから、私が昔、青森県のロマントピア相馬というテーマパークに出向していた際に黒川の胎内村に尋ねたことがありました。星の一万人イベントで有名な町興しの活動があり、視察でうかがった訳でしたが、その際に宿泊したパークホテルに時を同じくして勤務していたと言います。また、ドイツには、チーズの研修で行かれており、私のドイツの一人旅の経験などもあって、楽しくお話が出来ました。
品質にこだわったチーズづくりが、鍵と考えられており、その想いを伺いました。
私の食育に関する知識からの時代の流れなども参考にお話しさせていただきましたが、これから、那須高原の食に関わって行くには、素晴しい方でした。食のチーズに関して、いろいろと教えていただけるかと思います。
今日は、工房の高橋雄幸さんと今牧場とを写真でご紹介いたします。
毎日新聞の栃木版に大きく紹介された
記事を見せて頂きました。
お二人のチーズに掛ける想いを伺うと
二人三脚「幸せ」チーズつくりのタイトルが
うなずけます。
店舗に並んだ、いろいろな種類のチーズです。
現在、15頭ほどが、搾乳できると言います。
山羊に餌をあたえる高橋さん
地産地消をテーマとして
地元の新鮮な野菜と肉とチーズとをつかって
コースを組むイベントがあります。
山田宏巳さんと石崎幸雄さんのコラボです。
平成9年が、那須高原の大水害でしたが、その翌年に
今牧場さんは、「日本農業パイオニア賞」畜産大賞
を授与されたといいます。その翌年には、平成天皇ご夫妻が
視察にお見えになられたと言います。
自動搾乳の設備です。
牧場の牛舎には、アイビーと美しいバラが
咲いていました。
150頭もの搾乳の牛を飼育しています。
「伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿