2018年3月16日金曜日

会津の凍み餅・もちころ--ひもじかった頃の懐かしの味

最近嬉しいことがありました。
手仕事専科では、伝統食品をご紹介販売しているのですが、昨年にスタートしたhp農産加工花菜凍み餅やもちころの御注文が続いているからです。

その理由がこうでした。
都会に住む年老いたご両親やお母様へ、すでに熟年となった御子息や娘さんがご注文をされているのです。
ご両親やお母様は、会津のご出身です。
それは、お名前から分かります。

80歳代の方々は、子どもの頃に戦争体験をしています。
尋常小学校(小学生)だったでしょう。
戦時下の何もない時代をひもじい思いをして、過ごしたものと思います。
まして、会津の生まれです、明治維新以降は決して豊かではありませんでした。
明治新政府のもとで賊軍として会津は、冷や飯を食ってきました。
起上り小法師赤べこなどの内職仕事が、それを物語っています。

会津の郷土料理「凍み餅ともちころ」 http://www.geocities.jp/hwfhb259/nousankakouhana.html
農産加工花菜 http://www.geocities.jp/hwfhb259/nousankakouhana.html
農泊 花菜 http://www.geocities.jp/hwfhb259/nouhakuhana.html
                               

農産加工花菜のみなさん
五十嵐美知代さん(向かって左から2番目)
 
・凍み餅 甘味 140g            
¥390  
■商品コード FA-09001■
・もちころ 塩味 70g            
¥390  
■商品コード FA-09103■
起上り小法師
山田民芸工房
 
荒井工芸所
赤べこ(8寸)           
¥2,000
 26.0×16.0×10.5
 ■商品コード A-10104■ 

伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間
 

0 件のコメント:

コメントを投稿