2018年3月21日水曜日

人気の太田酢--サンプル請求

手仕事専科では、伝統食品を紹介しています。
最近御注文が続いているのが、太田酢店の商品です。
お客様は、関西や関東圏の方々でした。
サンプル請求です。
太田酢店では、個性的なオリジナル商品から4種類をサンプル提供しています。
食菜酢玄米黒酢りんご酢米酢での4種類(各300cc)です。
手仕事専科 http://tesigotosenka.com
 太田酢店  http://www.geocities.jp/hwfhb259/ootasuten.html
・サンプル4本セット
¥1,900
・米酢・食菜酢・りんご酢・玄米黒酢
 300ml   各1本

■商品コードFA-01201■       
▶ご注文(メール)
太田酢店は、須賀川市になるのですが、太田実社長は、昭和36年に先代がつくられた「飲む酢」にさらに研究を重ねて、こだわりの「食酢」を造られています。
 醸造酢は、原料としてお米、りんご等の「土作り」が大切です。「平飼いの地鶏の卵が、ゲージ飼いの卵と異なる。」こととおなじことです。また、生育環境として毎年同じことはなく(天候の違い)、今年良かったことも来年もということは無いといいます。
太田酢店の酢に出会った方々は、体質の変るのを覚えて驚かれるといいます。
それだけ、人間が本来必要とする栄養成分を多分に含んだ「酢」と言えるのでしょう。現代は、工業食品という言葉のように、「添加アルコール」により「食酢」が作られています。鼻にツーンとくる酢は、本物ではありません。本来の醸造酢は、まろやかで、刺激臭は無いものです。
採算性を度外視してこだわりの食酢を造られる太田実社長は、現代の数少ない「食のリーダー」と言えるでしょうか。
日本に古来から伝わる「食文化」の味噌、醤油、酢、納豆等は、発酵食品です。科学の発達した現代と比較し、驚くほどに先人の知恵は、計り知れません。
「滋味」「滋養」の言葉の意味するこれらの「食」は、微量栄養素の宝庫と言える食品です。
現代では、「正常分子矯正医学」の学問で伝える46種類の栄養素のことを先人たちは、経験的に知り、実践していたことになります。
 
 ロジャーウィリアムズの「正常分子矯正医学」 私たち成人の身体は60兆個もの細胞から成り立っています。細胞は生命の基本単位であり、栄養や酸素の供給がうまくいかなくなれば、その細胞は受け持っている働きが果たせなくなり、はなはだしい場合には死滅してしまいます。全身の健康を考える場合にも、細胞レベルで考察することは不可欠です。 ビタミンB群のひとつであるパントテン酸の発見者である故ロジャー・ウイリアムス博士は、名著、『健康になるための栄養学早分かり』(中央公論社)で、「細胞の生命を維持するためには、少なくとも18種類のミネラル、20種類のビタミン、8種類のアミノ酸が一定量揃い、相互に支え合っている状態で細胞外液に溶け込んでいることが必要である。」と述べており、必須栄養素は鎖で出来た首飾りのようなもので、「生命の鎖」と呼びました。一ヶ所でも細いところがあれば、容易に切れてしまうことが想像できます。
この46種類の栄養素は、どれかがひとつ欠けたとしても鎖としての働きは失われ、細胞の病変につながります。逆の見方をすると、細胞の健康度、元気度はその揃い方によって、極めて快調な状態から、死にいたるまで無限ともいえる様々な段階があるといえます。
アメリカでは、この生体内に本来あるべき分子をそろえ、正常て病気に対処しようという考え方が、栄養学から医学の分野にその実戦の場をひろげ、「ニュートリション・セラピー」の名のもとに成果をあげています。我が国においてニュートリション・セラピーは、「正常分子栄養学」とか「分子矯正医学(Ortho-Molecular Medicine)」などと訳されています。1970年代はじめにライナス・ポーリングが提唱した分子矯正医学は「通常体内にある分子を、各人の体が正常に機能するよう正しい分子濃度に調節する医学」ということを意味します。
細胞の栄養環境は、現実には必要な養分がいつも揃っているとはかぎりません。現代人の9割もの人が病気とまではいえないまでも、何らかの症状を自覚しており、病気とは診断されないけれど、健康とはいいがたい状況にあるというのは、むしろ何かが不足している状態であることを示しているといえるのです。そこで、これらの問題を解決するうえでポイントになるのが毛髪分析による生体内のミネラルチェックです。分析結果は身体内部の状況を語ります。
 
  

伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間

0 件のコメント:

コメントを投稿