2012年2月18日土曜日

タヒチアン・ノニジュースのこと

私の下野・会津・津軽 手仕事専科の中には、伝統的食品があります。味噌・醤油・酢・飯すし・りんご・山菜漬け・削り節・漬物・梅干しなどの11工房を取扱っておりますが、伝統的食品には、まだまだ沢山の物があります。
試しに列記してみましょう。
焼米、米粉、落雁(らくがん)、凍り餅、麦芽飴、生麩、豆腐、納豆、湯葉、こんにゃく、凍りこんにゃく、吉野葛、ゆべし、巻き柿、すんき、和三盆糖、淡羊羹、身欠きニシン、くさや、寒天、酒盗、いしる、ふな鮨、ままかりの酢漬け、かまぼこ、・・・。
伝統的食品・料理ともいえるものです。

これらの食品の多くが、発酵食品であり、伝統的に食材として使われてきました。最近受けたノ二ビルでの食育セミナーですが、5大栄養素に加えて、ビタミン・ミネラルと水と酵素の9つを挙げていました。これらについて、ひとつひとつ説明をしてくれました。
現代の食品が、いかに合法的ではありますが、人間の体に取って、害のあるものがまかり通っているかが、わかります。アメリカでは人体に害があるとして許可を取り消された添加物(トランス脂肪酸)が日本では、まだ使われていることなど、行政の怠慢がわかります。同じことが薬にもあります。日本の政治もそうですが、私たちの無知が一つの理由です。

タヒチアンノ二ジュースは、ホールフードです。現在知られていることでは、223の栄養素を含み、160もの有効薬効成分と多くの酵素を含んでいると言われています。会社については、フレンチポリネシアのタヒチの産業にフェアトレードによって、大きく貢献したことから国連外郭団体から社会貢献賞を受賞しています。ほかには、2003年にEUのノベルフードに認定されたことなど、年間世界で700億円もの売り上げを持ち、日本では、220億円とも言われています。植物のサプリメントでは、世界有数の実績を持っていると思います。
タヒチアン・ノ二ジュースは、南洋諸島の島々では、’神からの贈り物’と言われています。私もこのような植物が、存在することに驚きを禁じ得ません。神の計らいとしか、思い当たりません。
伝統的食品とタヒチアン・ノ二ジュースは、ともに発酵食品であり、栄養素とその持つ効能は共通の物です。食育の知識から、これらの食品を紹介して行きたいと思います。
(詳しく知りたい方は、㈱とぴい企画までお尋ねください。)
タヒチアンノニジャパンの本社ビルです。
こちらで、セミナーを開催しています。
「伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。

0 件のコメント:

コメントを投稿