2012年2月18日土曜日

タヒチアン・ノニのIPCとは

タヒチアン・ノニジャパンのIPCとは、「独立プロダクトコンサルタント」のことですが、タヒチアンノノニジュースの愛飲(会員登録)を奨める会員です。 ネットワークとは、いろいろの形態がありますが、タヒチアン・ノ二ジュースのネットワークは、通信販売と情報伝達ネットワークが、合体したタイプです。ひじょうにIPCの利益を考慮したもので、優れたシステムと言えるでしょうか。
従来のネットワークの問題点を解決したシステムですが、それが、オートシップです。まとめ買いによる弊害を防ぎ、全ての人が同じ条件・同じ金額で愛飲することが出来ます。
スポンサーによって、登録がすすめられますが、そのネットワークは、信頼によります。タヒチアンノニジャパンの黄木社長は、’情報を伝えるのではなく、想いを伝える’と言っています。想いは、それぞれの’夢を叶える想い’です。
私は、まだまだ、このネットワークに参加したばかりですが、大きな頂きを目ざしています。マルケサスクラブというタイトルです。7人のダイヤモンドパールが、フロントになります。どれだけの方々をサポートできるかですが、自分の人間力が問われます。これが私の使命です。
黄木社長は、品格として3つの柱「謙虚さ」「向上心」「人の役に立つ」をいいます。
IPCは、人間の品格や能力が問われます。人を愛する力、洞察力、使命感、人間観です。これらを楽しみながら、同志となる方々との出会いを楽しみにして歩んでゆきます。これからです。自分の人間力を磨いて行きたいと思います。
「伝統食品のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽手仕事専科」のブログです。

0 件のコメント:

コメントを投稿